ゲーム実況のYoutubeチャンネルでチャンネル登録者数1000人まで増やすには(収益化の壁)

シェアする

記事上広告

こんにちは!しゅりです

みんな大好きYoutube!おかげさまで僕もなんとか登録者3600人になりました。

今回はYoutubeのチャンネル登録者1000人まで増やす方法というか施策について自分がやってていいなと思ったことを書き綴ります。

これから始める人、1000人までもう少しっていう人、ゲーム実況をこれからやってみようという人は参考にしてください。

Youtubeチャンネルの登録者数1000人まで増やすには(ゲーム実況)

Youtubeはチャンネル登録者数が1000人になると「収益化」できます。収益化ができると動画に広告がつけられるようになり、お金が稼げます。いわゆるユーチューバーですね。Youtubeが本業とまではいかなくとも、動画配信でお小遣いが稼げるのは魅力的。

Youtubeは様々なジャンルに分かれ、動画も人それぞれで決まりはないです。今回は「ゲーム実況」について絞って経験を交えて書いていこうと思います。

ゲーム実況でチャンネル登録者1000人まで伸ばす方法

ただ自分のプレイを垂れ流しするだけでは誰も見てくれません。動画や配信を見てチャンネル登録をしようとするまで至るって結構なパワーが必要なんですよね。僕も人のYoutubeを見ててもチャンネル登録しよう!という気になるものとこれはいいやってなるものが分かれますし。

チャンネル登録者が少ないうちは「視聴者参加型配信」

誰でも簡単にできる視聴者参加型。スプラトゥーンであれば視聴者参加型でナワバリバトルやリーグマッチ、プライベートマッチ等ですね。見に来た人と一緒に遊ぶような形の配信です。参加して一緒に遊ぶだけで結構な確率でチャンネル登録してくれるので着実にチャンネル登録者が増やせるのでオススメ。

ゲームが上手ければ上手いプレイを見せる

スプラトゥーンだとXパワーが高かったり、金旗を持ってる人だったり、ゲームが上手ければそれだけで参考になるのでチャンネル登録につながる。

コラボ配信

視聴者の共有ができるのでかなりの登録者増加が見込める。ただし、コラボ相手と自分の登録者が離れていたりするとコラボするのは難しいかもしれない(相手にメリットが薄いため)。同じくらいの登録者で、同じゲームをしている人とコラボしていくのがベター。

まとめ

今はゲーム実況者が増えていて、新しく始めようとしても登録者100人にも満たずやめてしまう人が多いです。最初は人が来なかったり、コメントがつかなかったり、登録者数が増えなかったりして大変ですが上記に挙げた方法を試してみて、自分にあった方法を見つけてみるのが良いでしょう。

僕もまだまだかけだしレベルなので、もっと頑張っていきたい所存。

この記事は今後も随時更新していきます。

スポンサーリンク

シェアする

▼Youtubeチャンネル

関連コンテンツ