Twitterで話題の「地獄プラベ」やってみた

シェアする

記事上広告

こんばんは。しゅりです。

最近OPENRECでふーみそんさんやくろすさん達がやってる地獄プラベ」

ツイッターでしばしば見かけますね!

https://twitter.com/Foomison/status/998663695038267392

(ふーみそんさんのツイッターより)

観戦者1名~2名入れて試合を行い、負けチームの戦犯(負け筋を作った人)を選ぶ。

戦犯は観戦に回り、次の試合観戦し戦犯を決める。

沼プが許されない、戦犯が浮き彫りになってしまうその名の通り「地獄」のプラベ

試合のどの部分のどういうプレーが負けに繋がったかを確認することで、やっちゃいけないプレーを意識するというのが目的のようです。

実際に自分の立ち回りをじっくり見てもらうことってあまり多くないので、知らず知らずのうちに負け筋を作ってしまっているかもしれません。

観戦がいることで第三者に見てもらい、しっかりと立ち回りを見直すことができるので実力の向上に繋がるv(´∀`*v)ピース

ということで、僕もやってきました「地獄プラベ」

(TurfWarの窓の地獄プラベにお邪魔してきました)

地獄プラベ 感想

とにかくめっちゃ緊張する…

戦犯にビビッて普段の思い切ったプレーが縮こまって、引き気味になることがしばしば

死なないように安定を取るのも大事だけど下がりすぎてしまうと味方が辛くなるので本末転倒。

周りのレベルも非常に高く、甘い立ち回りをしてしまうとすぐに倒される

まさに地獄

試合終了時に戦犯を決めるんだけど、戦犯を決める時に自己申告で「俺戦犯だわ…」とか、「俺も結構やばかった」とかそういう声が聞こえてきたり

この試合は○○が戦犯 とか言われたときの辛さたるや:(;゙゚’ω゚’):

結構心に来るものがありますね(;`ω´)

連続で戦犯になったときの辛さは異常

ただ試合して勝ってよかった楽しかったで終わるのではなく、どこがまずかったのかに重点を置いて考えることができるので非常に為になると思います!

普段こういう負け筋を指摘することってなかなか難しいしね

戦犯指摘されるとハートにくるので、地獄プラベはある程度顔見知りの中でやるのがオススメだよ☆(ゝω・)v

全く知らない人だと戦犯の指摘しづらいしね!

スポンサーリンク

シェアする

▼Youtubeチャンネル

関連コンテンツ