シア弱体化内容解説!今後シアは使われなくなる?【エーペックスレジェンズ】

スポンサーリンク

こんにちは!しゅりです。シーズン10に登場したレジェンド「シア」がついに弱体化!今回は弱体化内容を紹介・解説していきます。シアは今後使われるのでしょうか・・・!?

シア弱体化内容

パッシブ

・心音の更新時間: 1.25秒→1.75秒

・視野角: 70→55

・距離: 8000/22000→5500/20000ユニット

戦術アビリティ

フラッシュ効果の削除

ダメージ(10)の削除

・構えている状態は15%のスロー状態に

炸裂時間:1.4秒→1.6秒

アルティメット

・クールダウン: 90秒→120秒

弱体化内容解説

心音の更新時間が伸びたことで以前よりも敵を察知しづらくなった。視野角についてはパッシブの索敵範囲が狭くなったということです。真横の角度は心音を検知できなくなったものの、未だにパッシブで敵の有無がわかるのは強い。索敵距離も55m/200mになったものの、さほど影響はないでしょう。

対照的に、戦術アビリティの調整は影響が大きい。フラッシュとダメージも厄介だったが、それ以上に炸裂時間が伸びたのが大きい。弱体化前よりも敵にアビリティを避けられることが多くなった。今後はしっかりと敵を中心に捉えてアビリティを打たないと簡単に避けられてしまう。

アルティメットのクールタイムはほぼ影響ないでしょう。

今後シアは使われる?

大幅な弱体化が入ったものの、依然として強いレジェンドであることは間違いない。今後もシア環境は続くでしょう。ただ、弱体化前よりもシアの代わりにブラハが採用されることが増えそうです。

参考になったらYouTubeTwitterのチャンネル登録やフォローお願いします!