クリプト強化・ガス弱体化!シーズン12最新パッチノートまとめ!【エーペックスレジェンズ】

スポンサーリンク

ついにシーズン12パッチノートが公開されました!

ということでパッチノートの翻訳+見やすくしたものです。

シーズン12パッチノート

新レジェンド「マッドマギー」

パッシブ: ウォーロードの怒り
ダメージを与えた敵が一時的にハイライト表示される。ショットガン使用時に移動速度が低下しない。

戦術アビリティ: ライオットドリル
障害物に取り付くドリルを撃ち、反対側にいる敵を焼き払う。

レッカーボール
スピードブーストパッドを放ち、敵の近くで爆発するボールを投げる。

新期間限定モード:コントロール

「デファイアンス」は新期間限定モード「コントロール」でスタート。2チームによって大興奮の9v9バトルが展開し、マップに出現する目標地点の制圧と支配権を争います。チームの構成人数は「エーペックスレジェンズ」過去最大。プレイヤーはロードアウトを選択して戦場に降下します。そして本作で初めて、同一レジェンドが同じチームに顔を揃えて共闘します。このコントロールモードのみで展開するスリリングな瞬間に大熱狂間違いなし。本モードは死んでも終わりではありません。マッチで必要ポイントを獲得した勝利チームが誕生するまで、プレイヤーはリスポーンしてバトルを続行することができます。コントロールモードは2月8日スタート。レジェンドたちが繰り広げるスペクタクルな9v9対戦に備えよう。

オリンパスマップアップデート

  • マップを広げ、部隊をより分散させることで、マップ中央部(研究所やエステート)だけで戦闘が行われることを回避。突然発生する第三者による乱入の頻度も減らしました。
  • 難所をより容易に避けられる、移動オプションを改善。
  • 新エリアにプレイヤーを引き込むためのインタラクティブなマップ上オブジェクトやプレイスペースが登場し、オリンパスで新たな体験が可能。

ストームポイントアップデート

  • プラウラーのダメージを30から20に引き下げ、ノックバック力を引き下げました。
  • プラウラーの巣の達成報酬のクラフト材料を90から150に増加(マップ中央の大きいプラウラーの巣は合計250)。注:クラフト報酬は巣を押させた時点で、近くにいる部隊メンバー全員に均等に振り分けられます。大きいプラウラーの巣が押さえられると、部隊に関係なく、周囲にいるすべてのプレイヤーにクラフト材料250が振り分けられます。
  • 野生動物のターゲティングルールを見直し、ダメージを主な要因として使用することで、野生動物によるターゲティングがより公平でランダムでなくなるようにしました。
  • プラウラーにターゲティング上限が導入され、1人のプレイヤーに対して最大3体のプラウラーまでしかターゲティングできないようにしました。
  • 同じ巣に2チームいる場合、プラウラーの巣が出現しないようになりました(マップ中央の巨大なプラウラーの巣は除く)。 
  • リングの外にいるプラウラーは攻撃されない限り、攻撃してこないようになりました。
  • プラウラー分布地が中立である場合、プラウラーの巣が無効化されるようになりました。
  • 小さな野生生物の巣の彷徨うプラウラーを3体から2体に減らし、移動範囲が戦闘に入るまで半分になりました。
  • プラウラーの巣を素早く押さえられるよう調整しました。
  • すべての野生生物において、高ティアの消費アイテムが落ちる確率を少し引き上げました。

ランクアップデート

「エーペックスレジェンズ」では最後まで生き残ることが最大の目標であり、キルを積み上げていくことによってその目標を達成します。昨シーズンでは、必ずしも1位でなくてもキル数が多いプレイヤーには見返りがあるよう、柔軟性を加える変更を行いました。柔軟性があることには満足していますが、高レベルのランクマッチではキルを主な目的としたプレイが多すぎると感じました。高い順位とチームプレイを目指してプレイするプレイヤーには、相応の報酬が与えられるはずです。 

    最大キルKP: 175 → 125
    順位ポイントおよびキル当たりのボーナス:

今回の調整は順位を重要視しないチームにより厳しいものとなります。上位5位までのチームの順位ポイントを増やし、「キルポイント上限」を緩和し、「キル当たりのボーナス」が最大になるまでに必要なキル数を2~3キル少なくしました。

スプリット1はオリンパスでプレイされ、4月にはキングスキャニオンでスプリット2が行われる予定です。

バランス調整

クリプト ドローン視点のHUDやその他の 快適性向上アップデート:

  • ドローンのHUDにゲーム状況(リング情報、ラウンドタイマーなど)、ミニマップ、キルフィード、チームステータス、およびシグナル情報を追加しました。
  • ドローンのHUDがこれまで表示していたクリプトの体力とシールドの代わりに、ドローン自体の体力を表示するようになりました。
  • ドローン操縦時にワールド内で調査ビーコンのマーカーが表示されるようになりました(クリプト自身の操縦時と同じ)。
  • ニューロリンク の変更:

    • ニューロリンクの検出視野範囲を160度から240度に増やしました。
    • ドローンが呼び戻されている間、ニューロリンクによる検出が無効になりました。

    スパイドローン の変更:

    • ドローンの展開を再調整しました。
      • 戦術ボタンを押すと、クリプトの視界の方向にドローンを数秒間一直線に飛行させることができます。
      • 壁(または他の物体)に向けて投げると、ドローンは壁にぶつかり、壁の反対側を向くように向きを変えます。
      • この方法でドローンを展開した場合、クリプトは直後にドローン視点に切り替えることができなくなりました。
      • 戦術ボタンを長押しすると、同じようにドローンを前方に展開しますが、その後すぐにドローン視点に切り替わります。
    • ドローンの体力を60から50へ引き下げました。
    • 視認性を向上させるため、ドローンのHUDマーカーを調整しました。
    • ドローンのHUDマーカーはドローンが展開されている間、常に画面上に表示されるようになりました(以前はドローンが画面外にいるときのみ表示されていました)。

コースティック Noxガストラップ は発動後に破壊できるようになりました。

  • トラップのHPを150に設定
  • 発動したトラップは11秒後に効果が切れます(以前は12.5秒)
  • ガスの効果はバレル破壊またはトラップ効果が切れてから2秒間残ります(ガスの粒子が完全に消えるまで少し残ります)。

武器・装備調整

オルタネーターがケアパケから通常武器に。ボルトがケアパケ化。

オルタネーターSMG

  • ディスラプター弾のホップアップを削除

ボルトSMG

  • ダメージを15から17に引き上げました。
  • マガジンの最大サイズを28から30に引き上げました。

ホップアップ

キネティックフィーダー – トリプルテイクとピースキーパー

トリプルテイクやピースキーパーでスライドするとチョークの時間が大幅に短縮され、自動的にリロードされます。

ハンマーポイント弾 – P2020、モザンビーク 、 RE-45

  • P2020
    • 非シールド時のダメージ+50%。
  • モザンビーク
    • 非シールド時のダメージ+35%。
  • RE-45
    • 非シールド時のダメージ+35%。

シャッターキャップ – 30-30リピーターとボセックボウ

  • 両武器の腰だめ発射を影響
    • エイム時での正確な射撃は維持
  • オン・オフの切り替えができないようになりました。
  • 30-30ののペレットによるダメージを8から7に引き下げました。
  • ボウのペレットによるダメージを12から11に引き下げました。

トリプルテイク 

  • 弾丸の伸びを削除。
  • 弾丸1発あたりのダメージを23から21に引き下げました。

VK-47フラットライン 

  • 弾丸1発あたりのダメージを19から18に引き下げました。

ランページLMG(ホットフィックス)

  • ランページのダメージを28から26に引き下げました。
  • チャージ状態での射撃回数を約40から約34に引き下げました。

アップデート変更点についての感想

まず気になったのはランクシステムの変更

最大キルポイント上限が175→125になり、5位までの順位ポイントが増加。キルムーブよりも生存の価値を上げることでより順位を重視した本来のバトルロイヤルの形を目指すようになる。ランクは本来順位を重視すべきものなので良い調整ですね。

次いでクリプト・コースティックのバランス調整。

ドローン操作の使い勝手が上がり戦闘との切り替えがスムーズに。従来は切り替えがし辛くてランクでの採用は低かったけどこの調整で使えるレベルになりそうです。

コースティックの調整による影響は軽微ですが、ガスを壊して無理やり侵入するムーブができるようになるためそこだけ大きく変わりそうです。

ランクスプリット1はオリンパスということで、シーズン12もマスター目指して頑張るぞ~(/・ω・)/